会社の印鑑を作ろう

■会社の印鑑を作ろう
会社設立の登記申請を行う際に、会社代表者印が必要になってきます。
この会社代表者印を作成するときに、一緒に会社の印鑑証明書を作っておくと、今後のスケジュールがスムーズに進むようになるでしょう。

●代表者印
会社の設立登記を申請するときに、印鑑届を提出する際に会社の実演として使用します。
印面の二重丸の内側に代表取締役印または代表取締役之印と書かれて、外側に会社名(株式会社○○)で取り囲んだ印鑑のことを言います。
東京行うときに、印鑑の提出をするのはこれだけとなっています。
代表者印には大きさの制限があります。
形に関しては、特に制限はなく、円形、楕円形、四角と何でも大丈夫です。
大きさの制限については1辺が1cmの正方形よりも大きく、3cm以内に収まるようにします。

●銀行印
銀行を利用する上で、必要となってくる印鑑のことを銀行印といいます。
例えば、預金はもちろんのこと、小切手や手形などの取引を利用する際にも銀行印和室をとなってきます。
この銀行印は、代表取締役の印鑑を使用しても問題はないのですが、安全性を考慮すると専用の印鑑を用意したほうが良いといえるでしょう。

●社印
会社印、社判、角印などの名称を持つ印鑑のことです。
契約書を作成したり、領収書や請求書、見積もり書など一般的な業務に使用されている民間のことです。
あくまでも認印に過ぎないのですがあるのとないのとでは会社の信用に大きな違いが出てきますので、必ず用意しておきます。

●ゴム印
会社名や代表者の氏名、電話番号や所在地などが刻まれている印鑑です。
日常事務に多く利用され、とても便利の良いものなので用意しておきます。
こちらもどうぞ>>>>>老眼に効くサプリ

ウォーターサーバーの硬水・軟水

軟水、硬水という言葉を聞いたことがありますか?硬水とは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を多く含んだ水のことで、ヨーロッパなどには多い水です。

ヨーロッパ旅行に行ってお腹を壊す人も、硬水が原因のことが多いといいます。ただ、女性に不足しやすいミネラル分の多さがダイエットに良いなどとして、硬水が求められる場合もあります。

一方、日本の水に多い軟水には、比較的ミネラル成分が少ないという特徴があります。そのため、味はまろやかで飲みやすいのです。

日本人は軟水に慣れていますから、より軟度の高い水のほうがおいしく感じる傾向があります。日本にも硬水はあるのですが、ヨーロッパの硬水に比べると3分の1以下程度だといいます。

軟水の特徴のもう一つは、石鹸が泡立ちやすいということです。日本では石鹸がよく泡立つのは普通ですが、ヨーロッパの人からしたらどうしてこんなに泡立つのだろうと思うことでしょう。

水は調理やお茶などにも使いますが、それには軟水のほうが向いているようです。硬水はクセが強く、味を硬くさせてしまうのです。

お酒でも、軟水で日本酒を作るとまろやかで甘口になり、硬水で作ると辛口でキレのあるお酒に仕上がるといいます。水のおいしさは、ミネラル成分のバランスで決まるといいます。

カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、鉄、マンガンなどのミネラル成分は、1リットル中の水の中に30~100ミリ前後入っているのが好ましいといわれます。ミネラルが不足しがちな方は、硬水を積極的に飲んでみるのもよいかもしれませんね。
管理人のお世話になってるサイト>>>>>牡蠣 サプリ