不治の病への向き合い方

私が利用した健康食品は、ゾンビ映画の「マギー」は、面白かった。ゾンビ映画であり、アーノルド・シュワルツェネッガーが主演であるのに、一切のアクションシーンはなく、ただ、ゾンビウイルスに感染しゾンビ化していく娘を見守ることしかできないもどかしさや、不治の病に侵された病人を抱えた家族や友人のあり方が淡々と描かれていた。アクションシーンがないので、必然と流血シーンも少なく、ゾンビが人を食べるといったグロテスクなシーンも少ない。また、今までのゾンビ映画では、ゾンビに噛まれたらすぐにゾンビになってしまっていたが、この映画では、ゾンビ化に1週間程時間をかけてゆっくりとゾンビになっていく。アクションがないこともそうだが、ゾンビのあり方も斬新だと思った。
“ゾンビ化”という視覚的にもわかりやすい“不治の病”に対する人々の思いが色濃く描かれており、とても興味深い映画だった。

健康食品を利用してみて、ウイルスに感染しゾンビ化する娘のマギー、父親、義母と義弟、マギーの友人たち、と登場人物それぞれの心情描写がポイントだと思う。
マギーは、ゾンビウイルスに感染し確実に訪れる“死”への思いと、感染が重くなるにつれ変化していく思考。そんな娘の様子を見ているだけで、何も出来ずもどかしい思いをする父親。義理の間柄のため、ゾンビに対し恐怖感をあらわにする義母と義弟。マギーの感染を知ってなお、今まで通り接そうとする親友。また、同じく感染した友人のマギーとは違った思い。
それぞれの立場から見た、ゾンビウイルス感染という“病”への思いや死生観に注目して見て欲しい。
もっと詳しく>>>>>内臓脂肪減らすサプリメント

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *